家臣

譜代の家臣を持たずに生まれ、天下人へと至った秀吉は、その生涯で多くの家臣を(新たに)得た。

織田信長に仕えた頃からの陪臣として浅野長政堀尾吉晴山内一豊中村一氏竹中重治樋口直房脇坂安治片桐且元石田三成黒田孝高増田長盛などがおり、福島正則加藤清正は幼少の頃から自身で養育する。

賤ヶ岳の戦いでは、抜群の功績を上げた正則、清正に加え加藤嘉明、脇坂安治、平野長泰糟屋武則、片桐且元らが賤ヶ岳の七本槍として数えられる。ただし、誰を賤ヶ岳の七本槍とすべきかについては諸説ある。

信長の後継を得るとその重臣である前田利家、丹羽長秀、蜂須賀正勝らも臣下に加えるが、彼らとは友人としての関係を保ったとも考えられている。

晩年には豊臣政権の職制として五大老三中老五奉行を設けるが、死後に譜代の家臣は関ヶ原の戦いで武断派と文治派に分かれ戦った。

五大老
徳川家康(筆頭)、前田利家毛利輝元宇喜多秀家小早川隆景上杉景勝(隆景死後)
三中老
生駒親正中村一氏堀尾吉晴
五奉行
浅野長政(筆頭)、石田三成増田長盛長束正家前田玄以
一門
豊臣秀長豊臣秀次木下家定木下勝俊杉原家次豊臣秀勝豊臣秀保小早川秀秋
賤ヶ岳の七本槍
福島正則加藤清正加藤嘉明脇坂安治平野長泰糟屋武則片桐且元、(桜井佐吉石川一光
与力
宮部継潤一柳直末田中吉政木村定重(隼人)、小出吉政亀井茲矩谷衛友寺沢広高日根野弘就
信長旧臣
前田利家丹羽長秀蜂須賀正勝堀秀政細川藤孝細川忠興蜂屋頼隆織田信包織田長益長谷川秀一
黄母衣衆
青木一重伊木遠勝石尾治一伊東長実井上道勝井上頼次猪子一時織田信高小野木公郷郡宗保仙石秀久津川親行津田信任戸田勝隆友松盛保中島氏種中西守之長原雲沢軒野々村吉安長谷川重成蜂須賀家政服部一忠速水守久尾藤知宣舞兵庫前野忠康)、神子田正治箕浦勘右衛門三好房一毛利吉成森可政山内一豊分部光嘉
参謀
竹中重治黒田孝高
その他子飼い
小西行長大谷吉継
秀吉の偏諱を受けた人物

宇喜多秀家

大友吉統

織田秀信

徳川秀忠

羽柴秀勝

結城秀康