墓所・霊廟・神社

死後、京都東山の阿弥陀ヶ峰(現在の豊国廟)に葬られ、豊国大明神として豊国神社(京都)に祀られたが、豊臣家滅亡後、徳川家康により大明神の号は剥奪された。

この時、建物も破却されることになりかけたが、秀吉の正室であった高台院の嘆願により、外苑部分は破却されるが内苑(本殿など)は残されていた。この際に建造物の一部は片桐且元らによって宝厳寺や都久夫須麻神社等に移築されたともされる。

その後三代将軍家光の時代幕府により社領も没収、社殿などは次々と破却、あるいは解体処分とされてしまい、豊国神社の敷地は荒れるがままであったと言う。明治になり日光東照宮の相殿に祀られ、豊国神社は再興された。

他、高野山奥の院に豊臣家墓所があるのは有名であるが、現存する墓碑の中には秀吉のものはない。その理由は不明である(高野山戦国大名の墓)。

戒名 - 国泰裕松院殿霊山俊龍大居士 秀吉が主祭神として祀られている神社は、京都市以外には豐國神社(大阪市)、豊国神社(長浜市)、豊国神社(名古屋市)である。大阪市と長浜市はかつて秀吉が統治した町、名古屋市は秀吉の生地である。