概要
豊臣秀吉(羽柴秀吉)

尾張国愛知郡中村の百姓として生まれ、織田信長に仕え、次第に頭角を表す。信長が本能寺の変で明智光秀に討たれると、中国大返しにより京へと戻り、山崎の戦いで光秀を破り、信長の後継の地位を得る。

その後、大坂城を築き関白・太政大臣に任ぜられた。豊臣姓を賜り、日本全国の大名を従え天下統一を成し遂げた。

太閤検地や刀狩などの政策を採るが、慶長の役の最中に、嗣子の秀頼を徳川家康ら五大老に託して没した。

墨俣の一夜城、金ヶ崎の退き口、高松城の水攻め、石垣山一夜城など機知に富んだ逸話が伝わり、百姓から天下人へと至った生涯は「戦国一の出世頭」と評される。

生涯
出自

尾張国愛知郡中村(現在の名古屋市中村区)に百姓と伝えられる「木下弥右衛門・なか」の子として生まれた。生年については、従来は天文5年(1536年)といわれていたが、最近では天文6年(1537年)説が有力となっている。

弥右衛門の素性には諸説がある(注:出身・家系の項目を参照)。誕生日は1月1日、幼名は日吉丸となっているが、これは『絵本太閤記』の創作で、実際の生誕日は『天正記』や家臣伊藤秀盛の願文の記載から天文6年2月6日とする説が有力である。

広く流布している説として、父・木下弥右衛門の戦死後、母・なか(のちの大政所)は竹阿弥と再婚したが、秀吉は竹阿弥と折り合い悪く、いつも虐待されており、家を出て侍になるために駿河国に行ったと言われる。『太閤素性記』によると7歳で実父弥右衛門と死別し、8歳で光明寺に入るがすぐに飛び出し、15歳の時亡父の遺産の一部をもらい家を出て放浪したとなっている。しかし、『太閤記』では竹阿弥を秀吉の実父としており、木下姓も父から継いだ姓かどうか疑問視されていて、妻ねねの母方の姓とする説もある。

秀吉の出自については、文学博士、歴史学者の小和田哲男は大工・鍛冶等の技術者集団説を採り、歴史学者石井進は行商人説など非農業民とする説を採る。

また日本家紋研究会の高澤等は、秀吉の一族が用いる沢瀉紋と、秀吉の通称「藤吉郎」、また姉日秀、妹朝日の夫の出身地などの関係から、水野氏説のある継父竹阿弥を含め、秀吉自身も水野氏族を意識していたのではないかとの説を歴史読本に寄稿しているが、現時点では謎が多くほとんど不明と言える。

今川家臣時代

はじめ木下藤吉郎(きのしたとうきちろう)と名乗り[2]、今川氏の直臣飯尾氏の配下で、遠江国長上郡頭陀寺荘(現在の浜松市南区頭陀寺町)にあった引馬城支城の頭陀寺城主・松下之綱(松下加兵衛)に仕え、今川家の陪臣となった。

藤吉郎はある程度目をかけられたようだが、まもなく退転した[3]。

その後の之綱は、今川氏の凋落の後は徳川家康に仕えるも、天正11年(1583年)に秀吉より丹波国と河内国内に1,600石を与えられ、天正18年(1590年)には1万6,000石と頭陀寺城に近い遠江久野城を与えられている。

信長の家臣時代

天文23年(1554年)頃から織田信長に小者として仕える[4]。清洲城の普請奉行、台所奉行などを率先して引き受けて大きな成果をあげた[5]。そうして信長の歓心を買うことに成功し、次第に織田家中で頭角をあらわしていった。

この頃、その風貌によって信長から「猿」「禿げ鼠」と呼ばれていたらしい(注:容姿の項目を参照)。永禄4年(1561年)[6]、浅野長勝の養女で杉原定利の娘ねねと結婚する。

美濃国の斎藤龍興との戦いのなかで、墨俣一夜城建設に功績を上げた話が有名だが、『武功夜話』などを典拠とするこのエピソードは当時の史料に関係する記述がなく江戸時代の創作であるとする説が強い。

このころ斎藤氏の影響下の美濃より竹中重治(竹中半兵衛)、川並衆の蜂須賀小六、前野長康らを配下に組み入れている。 永禄11年(1568年)9月、近江箕作城攻略戦で活躍したことが『信長記』に記されている(観音寺城の戦い)。同年、信長の上洛に際して明智光秀、丹羽長秀らとともに京都の政務を任される。

当時の文書に秀吉の名乗りが見られる(「秀吉」名の最古の記録は永禄3年8月付の書状)。 元亀元年(1570年)、越前国の朝倉義景討伐に従軍。順調に侵攻を進めていくが、金ヶ崎付近を進軍中に突然盟友であった北近江の浅井長政が裏切り織田軍を背後から急襲。

浅井と朝倉の挟み撃ちという絶体絶命の危機であったが、池田勝正や明智光秀と共に秀吉はしんがりを務め功績をあげた(金ヶ崎の退き口)[7]。その後も浅井・朝倉との戦いに功績をあげる。