人物
性格

「なかぬなら殺してしまへ時鳥 織田右府」(時鳥はホトトギス)という歌がその性格を表していると言われているが、これは本人が作ったものではなく平戸藩主・松浦清(松浦静山)の随筆『甲子夜話』に収録された当時詠み人知らずで伝わった歌の引用である(q:時鳥#川柳)。

また、この歌の続きには「鳥屋にやれよ...」とあり、戦国時代の武将達に比して江戸の将軍はあまりに気骨が無いと批判するもので、信長の性格というよりもその自他を含めた生死を見極める決断力や気概を評価した歌であったようである。 『信長公記』によれば、浅井久政・長政父子と朝倉義景の三人の頭蓋骨に金箔を貼り、「他国衆退出の已後 御馬廻ばかり」の酒宴の際に披露した。これは後世、杯代わりにして家臣に飲ませたという話になっているが、小説家の潤色であり、実際には使用していない。

髑髏を薄濃(はくだみ)にするというのは、死者への敬意を表すものである。 ルイス・フロイスは信長の人物像を「長身、痩躯で髭は少ない。声は甲高く、常に武技を好み、粗野である。正義や慈悲の行いを好み、傲慢で名誉を尊ぶ。

決断力に富み、戦術に巧みであるが規律を守らず、部下の進言に従うことはほとんど無い。人々からは異常なほどの畏敬を受けている。酒は飲まない。

自分をへりくだることはほとんど無く、自分以外の大名のほとんどを軽蔑しており、まるで自分の部下のごとく語る。よき理解力、明晰な判断力に優れ、神仏など偶像を軽視し、占いは一切信じない。名義上法華宗ということになっているが、宇宙の造主、霊魂の不滅、死後の世界などありはしないと明言している。その事業は完全かつ功名を極めている。

人と語るときには遠回しな言い方を嫌う」と記した。 世間の評判を重視しており、常に正しい戦いであると主張することに腐心していたことが、京の公家などが記した日記などから窺い知ることができる。

一部で苛烈といわれる所業

信長の事績の内容に対する評価は、時代や解釈する者によって大きな差がある。古い権威を否定するための断行的政策については当時から現代に至るまで非難が多い。そのため、「冷酷非道な革命家」と評する者もいる。

ただし、こうした非難については、信長の死後に天下を取った秀吉・家康の情報操作の可能性を考慮する必要がある。実際この二人は織田氏を警戒していたのか、冷遇しつつも後継者にはそれぞれ織田氏の血をひく者を当てており、死後もその影響力は大きかったようである。 当時の宗教勢力が世俗の権力と一体化して宗教としての意義を忘れていたことや僧侶の腐敗ぶりを鑑みてか、新井白石は、「そのことは残忍なりといえども 長く僧侶の凶悪を除けり これもまた 天下の功有事の一つと成すべし」と評した。 茶坊主に何らかの不手際があり、信長が激怒したことがあった。茶坊主は怒りを怖れて棚に隠れたが、信長は棚ごと茶坊主を斬り殺したという逸話がある。そのときの刀は切れ味の良さから「圧し切り長谷部(へしきりはせべ)」と名づけられたという。 元亀元年(1570年)5月6日、杉谷善住坊という鉄砲の名手が信長を暗殺しようとしたことがあったが、未遂に終わっている。天正元年(1573年)に善住坊は捕らえられた。

信長は善住坊の首から下を土に生き埋めにし、切れ味の極度に悪い竹製の鋸(のこぎり)で首をひかせ、長期間激痛を与え続ける拷問を科し、なぶり殺しにした。ちなみに、これは徳川家康も大賀弥四郎という家臣に対して行っており、江戸時代では公事方御定書に極刑の一つとして紹介されている。

天正元年(1573年)11月、足利義昭の帰洛の交渉のため、毛利輝元から信長の元に派遣された毛利氏の家臣・安国寺恵瓊は「信長の代、五年三年は持たるべく候、来年あたりは、公家などに成らる可しと見及び候、左候て後、高転びに転ばれ候ずると見申し候、秀吉さりとてはのものにて候」と国許へ書状を送った(ただし、この発言は信長の死後に流布したものであり、喧伝の可能性もある)。

天正6年(1578年)、畿内の高野聖1,383人を捕え殺害した。高野聖に成りすまし密偵活動を行うものがおり、これに手を焼いた末の行動であるといわれている。

天正6年(1578年)12月13日、尼ヶ崎近くの七松で荒木村重の一族郎党の婦女子122人を磔にし、鉄砲で次々と撃ち、槍・長刀で刺し殺した。さらに女388人男124人を4つの家に押し込め、周囲に草を積んで焼き殺した。「魚をのけぞるように上を下へと波のように動き焦熱、大焦地獄そのままに炎にむせんで踊り上がり飛び上がった」[19] 天正10年(1582年)4月10日、琵琶湖の竹生島参詣のために安土城を発った。安土城と竹生島は距離があるため、信長は今日は帰ってこないと判断した侍女たちは桑実寺に参詣に行ったり、城下町で買い物をしたりと、安土城を空けていた。

しかし、一泊すると思われていた信長は日帰りで帰還。侍女たちの外出を知った信長は激怒し、侍女を数珠つなぎにした上で、老若問わずすべて惨殺した。

侍女の助命嘆願を行った桑実寺の長老も、同じ方法で信長に殺されたと言われている。ただし、桑実寺では、このとき殺害されたはずの長老の記録が本能寺の変以降も残っているため、実際には殺されていないとしている。

また、文献に「成敗された」とはあるが、侍女たちも殺害されたとは記録に無い。当時、縄目を受けるという成敗(処罰)の方法もあったことから、殺害にまでは至らなかったとの説もある。 信長の敵勢力に対する行為の大半は、当時としては取り立てて残虐というわけではなく、実際これ等の所業・処刑方法には、徳川家康等の大名も行ったものがあり、豊臣秀吉の天正5年に備前国・美作国・播磨国の国境付近で毛利氏への見せしめに、女・子供200人以上を子供は串刺しに、女は磔にして処刑した行為(同年12月5日の羽柴秀吉書状)、武田信玄・上杉謙信等の敵を奴隷として売却すること(ルイ・ソテロ等、当時の伝道師の日記)や敵方の女性を競売にかけたり(小田井原の戦い)といった行為等もことさら珍しいことではなかった。このように当時の状況や道徳の違いを考慮してその行動を評価する必要がある。

肖像画

信長の肖像画としては、愛知県豊田市の長興寺所蔵のもの、および、兵庫県氷上町が所蔵する坐像(「#第一次信長包囲網」参照)が、そのように伝えられている。

このほか、ヨーロッパから来た画家によって写実的な肖像画[20]が描かれていたとも言われるが、太平洋戦争時の空襲により焼失している。現存する写真によれば、太く力強い眉毛、大きく鋭い眼、鼻筋の通った高い鼻、引き締まった口、面長で鋭い輪郭、男らしくたくわえられた髭(ひげ)などが特徴である。

ただし、この肖像画に関しては史料的裏付けが無く、明治時代に行われた「忠臣」の顕彰事業時に作成されたとも言われている。青年のころは、女子と見まがう美男子であったとする記録もある。

身長は約170cm程度で(比較資料:1 E0 m#脚注・出典)、500m向こうから声が聞こえたという逸話があるほど、かなり甲高い声であったという。

交友関係

身分に拘らず、庶民とも分け隔てなく付き合い、仲が良かった。実際、庶民と共に踊ってその汗を拭いてやったり、工事の音頭をとる際等にはその姿を庶民の前に晒している。

お盆では安土城の至る所に明かりをつけ城下町の住人の目を楽しませるといった行動から祭り好きでもあったようである。

上京以来朝廷等の貴族階級の財政状態を改善したことから公家とも親交が深かった。特に近衛前久とは最初は敵対していたにも拘らず、趣味の一致などと相まって特に仲がよかったようである。

当時の他の戦国武将同様、男色も嗜み、小姓の前田利家、堀秀政、後には森蘭丸の名で知られる森成利(異説あり)ら多くの稚児と関係を持ったと伝わる。また、側室は権力の強大さに比べ少ないが数多くの子をなしている。

南蛮への関心

南蛮品を好み、正親町天皇を招き開催した『馬揃え』にビロードのマント、西洋帽子を着用し参加した。晩年は戦場に赴くときも、南蛮鎧を身に付けていたといわれている。

アレッサンドロ・ヴァリニャーノの使用人であった黒人に興味を示して譲り受け、彌介(やすけ)と名付け側近にした。

イエズス会の献上した地球儀・時計・地図などをよく理解したといわれる(当時はこの世界が丸い物体であることを知る日本人はおらず、地球儀献上の際も家臣の誰もがその説明を理解できなかったが、信長は「理にかなっている」と言い、理解した)。

好奇心が強く、鉄砲が一般的でないころから火縄銃を用いていた。奇抜な性格で知られるが、ルイス・フロイスには日常生活は普通に見えたようである。ローマ教皇グレゴリウス13世に安土城の屏風絵を贈っていたが、実際に届いたのは信長の死後の1585年であったとされる。なお、この屏風絵は紛失している。

文化への関心

囲碁・幸若舞を好み、猿楽(能)を嫌った。幸若舞『敦盛』の一節「人間五十年 下天のうちをくらぶれば 夢幻の如くなり ひとたび生を享け 滅せぬもののあるべきか」という部分は、信長の人生観と合致していたのか、特にお気に入りで、よく舞ったといわれている。 大の相撲好きで、安土城などで大規模な上覧相撲をたびたび開催した。

また、相撲大会は身分問わず、信長の側近と庶民が入り混じって相撲をとっていたといわれる。そのほか水術、鷹狩、馬術、弓術などの身体鍛錬、武術鍛錬に繋がるものを趣味としていた。囲碁も趣味としており、名人という言葉は信長発祥といわれている。

三好義継が敗死したとき、坪内という名のある三好家の料理人が織田家の捕虜となった。

このとき、信長は坪内に対して「料理がうまければ罪を許して料理人として雇う」と約束した。そして坪内が作った料理を信長は食したが、このとき「料理が水っぽい」として坪内を処刑しようとした。しかし坪内はもう1度だけ機会が欲しいと頼んだ。

そして2度目に出された料理に対して、信長は「大変うまい」と認め、料理人として取り立てたという。後で坪内は、「最初から2度目の料理を出していたら良かったのではないか」と訊ねられると、「最初は京風の上品な料理、次は味の濃い田舎料理を作っただけです。

しょせん信長公も田舎者ということですよ」と語った[21]。

後日、その話を耳にした信長は、「自分の料理人として仕える以上、自分の好みにあった料理を作るようにまず努めるのが家来としての本分である。それを怠ったのは単に無能だったからだ」と答えたという